新井涼平、高校時代のフォームは我流!やり投げを始めた頃の苦労とは?

      2016/07/02

Pocket

新井涼平の高校時代表は我流フォームだった!?

20160508-00000125-dal-000-2-view

新井涼平選手はリオデジャネイロオリンピック代表内定している陸上選手です。種目は「やり投げ」で日本選手権でなんと三連覇をして内定を勝ち取った期待の選手です。

 

そんな新井選手の基本データを見てみましょう。

所属 スズキ浜松AC 

生年月日 1991年6月23日(25歳) 

生誕地    埼玉県 

身長       183cm 

体重        92kg 

自己ベスト やり投:86m83(2014年)

引用:Wikipedia

小学校・中学校では野球やソフトボールに打ち込んでいた過去があり、「投げる」という基本はボールを投げる動作が新井涼平選手の我流フォームとなった要因ではないでしょうか?

 

高校ではすぐにはやり投げを始めた訳ではありません。別のスポーツ部に入部しますが長続きしませんでした。 そんな新井涼平選手の転機はテレビを見ていておこりました。

 

2007年のオリンピックのテロ・ピトカマキを見た事がやり投げを始めたキッカケになりました。 初めてのインターハイで4位という成績をいきなり出し、身体能力の高さ証明させました。

 - やり投げ, オリンピック, スポーツ