大黒田裕芽ラグビー、キックがヤバイ!父親・大学は?ツイッターは

      2016/07/17

Pocket

大黒田裕芽のラグビーで魅せるキックが話題!父親・兄はどんな人?

大黒田裕芽

大黒田裕芽(おおくろだ ゆめ)選手は女子7人制ラグビーの日本代表です。小柄で、大黒田裕芽選手を見かけてもラグビーをやっているとは分かりにくいのではないでしょうか。ラグビーって大きい人がやるものってイメージありますよね。

 

大黒田裕芽選手はまだ大学生ながらキックが正確で、得点源としてサクラセブンズの中心選手なんです!司令塔でもあるんですよ~。

 

注目して損はない大黒田裕芽選手のプロフィールから見てみましょう。

所属チーム 立正大学ラグビー部     

在籍先 立正大学(4年)     

身長155cm

体重62キロ 

生年月日1994/7/6

出身高校 市立船橋

引用:Wikipedia

大黒田裕芽選手は小学2年生ころからラグビーを始めています。早いですよね。女子でラグビーというのはチームがなかったり部活が無かったりと始めることすら難しいのですが大黒田裕芽選手は父親と兄の影響でラグビーを始めます。

 

大黒田裕芽選手の父親伏見工業高校の出身だそうで、ここってラグビー有名なとこですよね。父親がまずラガーマンだったんです。その影響で大黒田裕芽選手の兄もラグビーを始めていて、兄の練習を見に行ってラグビーを始めたそうなんです。

 

大黒田裕芽選手の兄ですが、なんとU-20に選ばれた大黒田健人選手なんです!国学院久我谷から帝京へ進んだすごいエリートラガーマンですね。大黒田裕芽選手と兄の健人選手は仲が良いようで、家族はラグビーを通じて仲良しってとこでしょうか。

桑井亜乃はかわいい美人!彼氏はいるの?ラグビーの出会いは大学【画像】

大黒田裕芽選手のキックは正確で得点源として大いに注目されていますが大黒田裕芽選手はキック以外にも沢山注目すべき点があります。

 

まず司令塔として任命されたのには大黒田裕芽選手の視野の広さが挙げられます。「パスワークが非常にうまい」「相手の来ない空きスペースをみつけるのがスゴイ」など称賛の声をよく聞きます。高校3年の時には女子ラグビーの日本代表に選出されており、小柄な体をものともしないプレーが魅力です。

 - オリンピック, スポーツ, 女子ラグビー, 7人制ラグビー