後藤輝也はNEC所属のラグビーオリンピック代表!出身高校大学は

      2016/08/04

Pocket

後藤輝也選手はNEC所属のラグビーオリンピック代表!どんな人?

1401

後藤輝也選手は7人制ラグビーの日本代表です。セブンズジャパンの愛称で呼ばれているチームですね。後藤輝也選手はNECのグリーンロケッツで普段は活躍している日本のトップ選手の1人です。

 

後藤輝也選手はラグビーオリンピック代表として初めてのオリンピック代表がリオ大会となります。まずは後藤輝也選手の基本データを見てみましょう。

生年月日 1991年12月18日(24歳) 

出身地 山梨県 

身長 177c m 

体重80 kg 

愛称 ゴトゥー 

趣味 映画鑑賞

血液型 A

ラグビーを始めたキッカケ おもしろそうだったから

所属チーム NECグリーンロケッツ

ポジション WTB(ウイング)

引用:Wikipedia

後藤輝也選手らセブンズジャパンはオーストラリアでの強化合宿を終えて7月14日に帰国しました。オーストラリアでの合宿ではオーストラリアの選手との練習試合があり、後藤輝也選手はコーチから「遠征MVP」に名前を挙げられています。

010

攻めだけでなく守りも良かったようで、後藤輝也選手はもうすぐリオオリンピックという今かなり出来上がっているみたいです!頼もしいですね!

 

後藤輝也選手は50m5.9秒という速い足を生かしたプレーが得意の選手です。スピード感バツグンの攻めが評価されている選手ですが守りも良くなったということで怖いものなしですね。

 

そんな後藤輝也選手には意外な弱点(?)があります。食が細いのだそうです。身体作りが自分に今必要!としながらも食べることが苦手なようで、タンパク質を頑張って摂取したり栄養バランスを考えた食事をしているそうです。

 

ラグビー選手が食が細くて悩むなんて以外ですよね。私なんて食べ過ぎることが日課なのでわけてあげたいです・・・。

Goto2

そして喋ることが苦手とのこと。なんかザ・男って感じしますね。「喋るのが得意ではないのでプレーで引っ張りたい」と大学生の時に言っています。そういうのカッコイイですね。

後藤輝也選手の出身高校・大学と学生時のエピソード

Sponsored Link
 

後藤輝也選手は山梨県立桂高校の出身です。後藤輝也選手はこの桂高校でラグビーを始めます。

 

後藤輝也選手は中学の時は卓球部だったそうで、個人競技から団体競技に変えた高校の最初は戸惑ったそうです。「チームメイトと本気でぶつかったり汗を流すのが新鮮だった」という発言もしていますし、楽しいけれど驚くことが多かっただろうなあと思います。

松井千士選手は兄もラグビー選手!イケメンだけどもしかしてハーフ?

しかし後藤輝也選手は高校では目立った活躍はしていなかったそうで、ラグビーを続けるかどうかは悩んでいたそうです。順調なラグビー人生ではなかったんですね・・・。

 

後藤輝也選手は大学山梨学院大学の出身です。ラグビーを続けるか悩んでいましたが山梨学院大学に声をかけられて頑張ろう思ったそうです。

桑水流裕策選手は結婚していた!妻は?耳の秘話とラグビーへの想い

ここで3年生の時(2013年)に主将を務めています。そして山梨学院大学を11年ぶりに大学ラグビーの1次リーグに昇格の一翼を担っていたんです。これは主将として嬉しかったでしょうね。団体競技での「みんなで達成」は素晴らしいですもんね。

 

しかしこんなにトップ選手になってもいつも後藤輝也選手は「コーチ・仲間のおかげ」と謙虚なんです。後藤輝也選手、応援したくなりませんか?

 - オリンピック, スポーツ, 男子ラグビー, 7人制ラグビー