福岡堅樹は俊足ラグビーリオ代表で50mタイムは?引退後は医学部に!

      2016/11/20

Pocket

福岡堅樹選手は7人制ラグビーの日本代表です。通称セブンズジャパンの一員ですね。福岡堅樹選手と言えばその足の速さが特徴です。なんと福岡堅樹選手は50mを5.8秒で走るんです!

となると倍の100mはどのくらいかな?と調べてみると100mの公式の記録は無いようですね。ただ福岡堅樹選手は秒速9.5mということなのでチーターより速いことになります!

 

これホント?チーターより速いなんてあるんだ!と軽く衝撃でした。そんな福岡堅樹選手のプロフィールを見てみましょう。

福岡堅樹 (ふくおか けんき)

出身 福岡県
ポジション WTB
身長 175cm、
体重 83kg
出身高校 福岡県立福岡高等学校時 
出身大学 筑波大学
血液型 A

引用:Wikipedia

Sponsored Link
 

福岡堅樹選手の俊足ぶりがスゴイ!50m5.8秒!100mは?

福岡堅樹選手は「福岡県出身の福岡です」と自己紹介するそうで一発で覚えてもらえると言っています。確かにその紹介分かりやすい!いいですね~明るいキャラなんですね。

しかし福岡堅樹選手は「ラグビーは速いだけでは勝てない」とアタックやチームメイトとの戦術コミュニケーションをとても重視しているそうです。

 

福岡堅樹選手は「15人制のラグビーなら追いつけない選手はいなかった」と外国の選手も含めた話で語っているので本当に速さトップレベルなんだなと思います。

コーチ達からも速さについてはお墨付きをもらっていて、福岡堅樹選手は速さについては文句なしですね。

 

足速いってアホな考えですが小学校中学校くらいはかなりモテたんじゃないか?と思いませんか?なんとなく足速い人モテましたよね。

51dea34a0133a

福岡堅樹選手のツイッターは?引退後は医学部を目指す理由

福岡堅樹選手のツイッターを見てみると可愛いつぶやきを発見しました!福岡堅樹選手は実家の愛猫を文字通り愛しているらしく、実家から送られてきた写メに喜んでいるツイートがありました。

 

福岡堅樹選手のツイッターによると実家の愛猫は「るーくん」で寝相がすごいみたいです。この画像は私も猫大好きなんですけど好きなら一見の価値あります。大の字のるーくん超可愛いですよ!

 

話は変わりますが福岡堅樹選手は実は医学部を目指していました。しかし大学受験に失敗してしまい、大いに悩んで「ラグビーを引退したら医師になりたい」と決めたそうです。

Sponsored Link
 

福岡堅樹選手は2014年に代表でありながらケガで出場できず悔しい思いをしています。そして高校2年の時に左膝の靭帯断裂3年の時に右の膝の靭帯断裂ケガの多いラグビー人生でした。

 

福岡堅樹選手は中学でもラグビーをしていて高校からもスカウトがあったそうですがラグビーを極めようとは思っていなかったそうです。福岡堅樹選手の祖父にあたる方が開業医で自分もなりたいと思っていたんだそうです。

高校生の時に通っていた整形外科の先生も素敵な先生だったようで医師になりたいという気持ちが大きくなったそうです。

pht_Fukuoka2

東京オリンピックまではラグビーをして、引退したら医師を目指す。福岡堅樹選手はそう決めたようですが絶対に簡単なことではないですよね・・・。

福岡堅樹選手の夢が叶うことを願いつつ、今はラグビー選手である福岡堅樹選手を応援したいと思います。

 - オリンピック, スポーツ, 男子ラグビー, 7人制ラグビー