好きな人がいること 7話感想&視聴率!真冬(野村周平)は典型的な末っ子!

      2016/09/05

Pocket

好きな人がいること7話がおわりました。前回は夏向の秘密を真冬に暴露されて兄弟の関係がこの後どうなるのか?

 

リオオリンピックの特番で2週間ぶりの放送ですね。それではまた感想を書いていきたいと思いますね。

Sponsored Link
 

好きな人がいること 7話感想

今回は真冬に注目したいですね。いままでは千秋や夏向に遠慮して明るいキャラを演じていましたが本当の気持ち抑えきれないようでした。

 

完璧な2人の兄を持つ末っ子の気持ちはよくわかりますよ。私も実は4人兄弟の末っ子ですから(笑)特に1つ上の兄貴とは何かと比べられられたり、比べたりしていい思い出がありません。

 

今回は夏向が本当の兄弟では無かったという事実があり一層真冬に「血がつながってないの俺の方良かったのに」なんて悲しいセリフを言わせた要因でした。

 

ずっと我慢してきたんだね。真冬・・・?美咲も千秋も夏向の味方と思われても仕方ない何気ない日常生活や会話でいつも傷ついていた。もちろん、美咲や千秋にそんな意図は全くありませんが末っ子とはそんな物です。結構ネガティブなんです!

 

真冬にしても千秋や夏向の為に努力したと思いますがやればやるほど自分のシェフとしての才能の無さや夏向には叶わないという現実に押し潰されてきた。

 

両親がもういない設定なので自分のことは自分でやらなきゃいけなくて親に甘えることが出来ない環境で育った真冬に私は同情しましたね。末っ子は甘えん坊なんですよ!

好きな人がいること 3話感想&4話あらすじ!春人は父親?美咲の告白

次回は夏向の事実で変わった3兄弟の関係性がより強い絆で結ばれそうですね。美咲はこの兄弟にどんな影響を与えるのか?楽しみですね。

c73d41f8dc3a5c8cd52661a50547617f

好きな人がいること 8話あらすじ

兄弟の問題が無事に解決し、いつも通りの日常生活に戻った美咲だったが2つの問題を抱えていた。

 

1つ目はダイニングアウトのプレゼンだ。そしてもう1つは夏向への返事・・・・しかし答えはもう決まっていた!あとはどうやって伝えるのか?

 

真冬から夏の思い出を作ろうと3兄弟と花火に誘われる。告白を決意した美咲だったが上手く伝える事が出来なかった。

 

翌朝、夏向とプレゼン用の食材探し出かける。美咲は夏向にこのプレゼンが上手くいったら2人でお祝いをしようと約束する。

Sponsored Link
 

真冬(野村周平)は典型的な末っ子で傷ついてきた!?

今まで千秋や夏向ばかりに注目が集まってきましたが今回は真冬にスポットライトを当てて見ましょう。

好きな人がいること 4話感想&5話あらすじ!タクミは三浦翔平か?

真冬を演じる野村周平さんのプロフィールです。

生年月日  1993年11月14日(22歳)
出生地 兵庫県神戸市
身長  175 cm
血液型  AB型
職業  俳優
ジャンル  ドラマ、映画
活動期間  2009年 -
事務所  アミューズ

引用:Wikipedia

野村周平さん自身も2兄弟の末っ子でありドラマの役どころが似てるようです。実際は山崎賢人さんの方が年下らしいのですがドラマでは山崎さんの兄役に違和感を感じていたそうですね。

 

野村周平さんはこの真冬をどのような気持ちで演じているのでしょうか?これまはチャラい感じが全面的に出ていましたがそれは秘めた思い隠す為だったという事がわかってきたと思います。

好きな人がいること 5話感想&あらすじ!タクミは山崎賢人(夏向)で決定?

意外と色々と真冬なりに考えているようです。また柴崎3兄弟は3人揃ってこそ最強イケメントリオですからいつまでも仲良く過ごして欲しいと思いますね。

 

今回の放送は2週間ぶりでフジテレビも気合が入っていましたね。やっぱり連続ドラマで2週間間が開くと視聴率にも影響が出るのでしょうね。今回は視聴率いいと思いますよ。

好きな人がいること 6話感想!吉田鋼太郎の演技は上手い?下手?

次回も”好きな人がいること”が楽しみですね。

 - ドラマ, モデル, 芸能