サッカー アジア最終予選 タイ戦の審判は誰?過去の傾向から有利なる戦術とは

      2016/09/07

Pocket

サッカーアジア最終予選始まりました。日本対UAE戦での審判の判断で無かったことになっているゴールががっかりしましたね。

 

UAEのGKは「見ていない」と言うし、UAEのメディアは「入っていた、日本のファンは納得しないだろう」と言っています。

 

肝心のUAE戦主審はGKと同じ意見のようで「審判ならちゃんと見てろよ」と思ったのは私だけではないはず。

Sponsored Link
 

サッカーアジア最終予選 日本対タイ戦の審判は誰になった?

サッカーアジア最終予選の次の試合は日本対タイ戦です。主審は誰になったのでしょうか。

 

アジアサッカー連盟が選んだ評価の高い良い審判を派遣していると連名は言いますが心配なので調べてみました。

 

日本対タイ戦の審判はファガニさんかモフセンさんと報道されていますね。今AFCのHP見てきましたけどReferee: Mohsen Torki (Iran)とあるのでモフセン・トーキーさんで間違いなさそうです。

 

モフセンさんはイラン出身の審判でとても評価の高い審判です。
モフセンさんはリオオリンピックで決勝の主審をした方を押さえてイラン最優秀審判に選ばれています。

 

ほう、良さそうじゃんと思ったら日本とは相性が悪いようですので気が抜けませんね。日本対タイ戦の審判、モフセンさんの傾向と対策を見てみましょう。

20160903_torky_getty-560x373

サッカーアジア最終予選 主審の過去の傾向から見た有利な戦術とは

サッカーアジア最終予選の審判モフセン・トーキーさんはとにかく人への妨害攻撃に厳しいという印象です。

 

つまりホールディングと呼ばれる行動(相手の服や腕を掴んで動きを押さえること)、コンタクトというぶつかってしまうことにも厳しいようです。

 

モフセンさんはとにかくピッピピッピ笛を吹くので注意が必要です。

 

サッカーアジア最終予選の日本対タイ戦の審判モフセンさん対策はとにかく純粋なサッカーで勝負するということなのかな?と思います。

Sponsored Link
 

上品なサッカーが好きなようですから故意にぶつかった、じゃまをしたと見なされればペナルティエリアでも笛を吹くでしょう。

 

以前モフセンさんは韓国との試合で日本に対して1試合に4つPKを宣告しています。注意が必要ですね。

 

モフセンさんがピッピピッピと笛を吹く特性をこちらも利用して相手が反則をするのが一番良いのですが微笑みの国タイですからね、どうでしょうか。

 

サッカーアジア最終予選、最大の敵が審判で、審判対策が一番大切ってそれどうなのよ(笑)とサッカー自体に不信感が芽生えます。

 

こんなことが続くとサッカー不信で人気下がると思いますけど大丈夫なんでしょうか。

 

ハリル監督は「これが最終予選だ。政治宗教も関わってくる全然違う世界」「(審判を)信頼しすぎないようにしよう」「ずる賢くいこう」などと選手を励ましているそうです。

 

なんなんだ、このスポーツ。サッカー好きですけど審判がどうとか中東の笛がどうとか聞くとなんだか私たちの好きなサッカーと違う世界に感じます。日本代表、負けずに頑張れ!

 - サッカー男子, スポーツ