サッカー アジア最終予選 タイ戦の審判は誰?過去の傾向から有利なる戦術とは

      2016/09/07

Pocket

サッカーアジア最終予選始まりました。日本対UAE戦での審判の判断で無かったことになっているゴールががっかりしましたね。

 

UAEのGKは「見ていない」と言うし、UAEのメディアは「入っていた、日本のファンは納得しないだろう」と言っています。

 

肝心のUAE戦主審はGKと同じ意見のようで「審判ならちゃんと見てろよ」と思ったのは私だけではないはず。

Sponsored Link
 

サッカーアジア最終予選 日本対タイ戦の審判は誰になった?

サッカーアジア最終予選の次の試合は日本対タイ戦です。主審は誰になったのでしょうか。

 

アジアサッカー連盟が選んだ評価の高い良い審判を派遣していると連名は言いますが心配なので調べてみました。

 

日本対タイ戦の審判はファガニさんかモフセンさんと報道されていますね。今AFCのHP見てきましたけどReferee: Mohsen Torki (Iran)とあるのでモフセン・トーキーさんで間違いなさそうです。

 

モフセンさんはイラン出身の審判でとても評価の高い審判です。

モフセンさんはリオオリンピックで決勝の主審をした方を押さえてイラン最優秀審判に選ばれています。

 

ほう、良さそうじゃんと思ったら日本とは相性が悪いようですので気が抜けませんね。日本対タイ戦の審判、モフセンさんの傾向と対策を見てみましょう。

20160903_torky_getty-560x373

 - サッカー男子, スポーツ