そして誰もいなくなった 最終回感想!日下(伊野尾)が犯人だと残念な理由や続編は

   

Pocket

そして誰もいなくなった”の最終回が終わりました。前回のドラマ終了時には早速真犯人探しがネットで過熱しました。本当に日下が犯人なのか?と。

 

しかしそれだとあまりにも普通過ぎない?視聴者はどんでん返しを期待しているはずだから本当にそうだとしても何かしらの事情事実)があるはず・・・

 

それでは衝撃だった最終回の感想を書いていきたいと思います。

Sponsored Link
 

そして誰もいなくなった 最終回感想

今年の夏ドラマの中では”そして誰もいなくなった”は完全オリジナルストーリーということで始まる頃から話題のドラマになっていました。

 

主演藤原竜也さん演じる新一に降りかかる災難をどうやって乗り越えていくのか?パーソナルナンバーなど現実社会でも共感できる内容でドラマの世界観に入り込みやすくなっていましたね。

 

そしてもう1つは”出演者全員が容疑者”というキャッチコピーでした!毎週観ないと誰が本当の犯人なのか?判らない演出になっていてとても週末が楽しみになっていました。

 

また出演者がとても豪華で皆さんとても演技が上手いですよね。新しい演者さんといえば家出少女の沙央里役だった桜井日奈子さんですね。

 

彼女がこんなに演技が上手いとは思いませんでした。さすがは「岡山の奇跡」と言われるだけはありますね(笑)今回の好演が評価されて近いうちに他のドラマに出ると思いますね。

 

そして誰もいなくなった”の魅力は最後まで犯人が判らなかった事だと思います。そこがオリジナルのいい所ですよね。

 

最近のドラマは既存アニメや昔やったドラマのリライトストーリーだったので大方最終回前に結果が判ってしまいました。これではこうなるだろうなと想像が出来てしまうので楽しみが半減しますよね。

 

そして誰もいなくなった”は徐々に容疑者が減っていく内容だったのでこれまであの人が怪しかったのに次の放送では全く違ったりして視聴者に推理させる演出でした。

crga0m3vuaatk3a-jpg-large

日下が犯人だと残念な理由!・・・予想通り展開は誰も期待していない(笑)

最終回前予想では日下しか犯人は考えられないという結論に至りましたがこれが脚本家である秦建日子さんの思惑通りでしたね。

そして誰もいなくなった 4話感想!小市慢太郎は本当に”ガキの使い”?

案の定私も騙されました。まさか・・・日下と万紀子にこんな秘密があったなんて!?これには全員がお手上げでしたね(笑)これは盲点でした。でもこの展開を私も視聴者も期待していましたよね。

 

予想出来る展開は絶対に視聴者は期待していないですよね。やっぱり”そして誰もいなくなった”は面白いです。

そして誰もいなくなった 5話感想!桜井日奈子の正体が判明!ネタバレ注意!

日下瑛治を演じた伊野尾慧さんも今回のドラマでは要重要人物でしたね。最初は全くそんな感じをさせなかったのですが終盤まで上手く演じられましたね。

 

迫真の演技に鳥肌が立ちましたね。この最終回を見た全員が同じような感想を持ったと思います。今後の伊野尾さんの出演作品が楽しみですね。

 

ジャニーズの若手のアイドルだと甘く見ていましたがこんな子がいるんだと毎週思って見ていました。SMAP世代の私が今の若いジャニーズを知らないのは当たり前ですがこれからは要チェックですね。

そして誰もいなくなった 6話感想! 謎の声の主は日下(伊野尾)なのか?

放送後のツイッターリアルタイムに必ずと言っていいほどトレンド入りしていました。本当に凄い人気ですね。あの甘いマスクにやられちゃう女子が増えた事でしょうね。

Sponsored Link
 

そして誰もいなくなったの続編やスピンオフはあるのか?

人気だったドラマが終われば必ず言われるのが続編があるのか?という話題です。でも”そして誰もいなくなった”はさすがに続編は無いでしょうね。

 

でもスピンオフはあるかも・・・?主人公を変えて物語を最初から繰り返すとか面白いかも!その時は馬場(小市慢太郎)がいいですね(笑)私、小市さん大好きです。

そして誰もいなくなった 7話感想!犯人は田嶋(ヒロミ)が怪しいのか?

謎の人物の役をやらせたら天下一品ですね。プライベートでは全く違うのでしょうが面白い方ですね。違うドラマに出ていても毎回気になります

 

そして誰もいなくなった”はこの夏ドラマで一番楽しませて頂いきました。毎週日曜日にドラマをみて月曜日からの仕事の活力になっていましたね。

そして誰もいなくなった 8話感想&ネタバレ!真犯人は日下(伊野尾)しかいないのか? 

しばらくは”そして誰もいなくなったロスになりそうですね(笑)出演者やドラマ制作者の皆さん本当にお疲れ様でした。

 - ドラマ, 芸能