レンタル救世主 2話感想&3話あらすじ!志田未来 魂のラップが泣ける

      2016/10/17

Pocket

志田未来さんの怒涛のラップが話題ドラマ「レンタル救世主」ですが2話が放送されました。1話の評判が思ったよりも良かったので今回の放送も楽しみにしていました。

 

主人公の沢村一樹藤井流星さんが幅広い年代層にファンがいることでこのドラマがの評判がいい要因になっていると思います。まだ見てい無い方にも何話からでも楽しめるドラマですよね。

 

それでは2話の感想を書いていこうと思いますね。今日も志田未来さんの魂のラップが出たのでしょうか?

Sponsored Link
 

レンタル救世主 2話感想 志田未来さんのラップが心に残る!

沢村一樹さんの奥さん役の稲森いずみさんも好きなタイプの女優さんですね。稲森いずみさんといえば主演では無いですが・・・反町隆史さんや広末涼子さん主演の「ビーチボーイズ」での演技が記憶に残っています。

 

そんな稲森いずみさんの旦那さんの役なんて沢村一樹さんが羨ましいですね。でもそんな妻を愛しているからこそ心配させない為に「レンタル救世主」なんて危ない職業に就職したのでしょう。

 

でも借金1億円なんて本当に返せるのでしょうか?このままドラマが進んだらいつのまにかこの設定が忘れ去られるのではと心配しています(笑)

 

今回の話はストーカーの話でした。ゲストはココリコの遠藤章造さんですが演技力は大丈夫なのでしょうか?以前に「笑ってはいけない」で演技について笑えるほど酷評されたと思いますが・・・せっかくいいドラマですので白けてしまうのではと心配でした。

 

しかしあれから月日は随分経って経験も積んできたからかまだ見られる演技になっていたと思いますよ。共演者が凄い人ばかりで浮いてしまうかもと思ったのですが遠藤さんも緊張したでしょうね。

 

さて今回の志田未来さんの魂のラップですが約3分間の「号泣ラップ」が翌朝には話題になることでしょうね。それ位の衝撃的なラップでした。

武田真治)「同情なんていらない!同情なんていらない、くだらない。昔のドラマでも言ってたぜ。同情するなら金をくれ!はっ!こんな俺はもう手遅れ!お前達くれるのか俺に金を。誰も見向きもしない、俺に金を。お前達くれるのか俺に金を!ヒロコと釣り合うくらいの金を!」

志田未来)「同情するなら金をくれ。そんな空気もう時代遅れ。なんだっけ、ドラマのタイトル、ほら思い出せない、言えないよう。私達レンタル救世主があなたの考えを修正する。同情するなら金をくれ。逆に同情するから金をくれ!」

志田未来)「出来ないでしょずっとこのまま素通り。気持ちとウソ見透かされて図星」

「でもここからが本番、よく聞きなさいと言っとく。このラップであなたのことを本気で説得」

「ヒロコさんはラジオDJ。あなたはとび職そしてラッパー。ホストとゲスト、番組で出会った」

「2人は恋に落ち、付き合い始めたけど、格差のせいで別れた。悲しいけどそんなこともあるさ」

「その後、彼女は仕事頑張って苦労した。なのになぜあなたはストーカー?」

「いい加減にこの辺で目を覚ましましょうか。本気の言葉、ぶつけるんでしょうが。彼女のこと好きなら。」

「あなたのラップに感じたのよ魂。だから自分の言葉で何とかするのが正しい!」

「同情するなら金をくれ。なんて言う暇あるなら韻を踏め!」

引用:http://news.merumo.ne.jp/article/genre/5198518

さぞかし志田未来さんも練習したことでしょうね。しかも泣きながらです(笑)自由に泣けるという女優さんですが難しいシーンだったはずですよね。

 

私もドラマの世界に引き込まれました。これから毎回こんなシーンがあるのなら志田未来さんのプレッシャーは相当なものでしょうからファンとしては心配です。

 

でももしかしたら志田未来さんだけではなくて沢村一樹さんや藤井流星さんのラップも今後の放送で見る事が出来るかもしれませんよ。それはそれで楽しみですね。

志田未来が青空エールで最後の制服!下手と話題の演技は上手くなったか?

第3話もどんなラップが聞けるのか楽しみに来週の放送を待ちたいと思います。

60241_original

 - CM, ドラマ, ファッション, モデル, 芸能