ドーピング発覚!!オリンピックでメダル剥奪された選手のまとめ

      2016/07/02

Pocket

オリンピックの歴史で過去にドーピングメダルを剥奪された選手ってどの位いるの?

olympics-doping-tease-getty

最近のオリンピック関連のNEWSでドーピング問題が騒がしいくなっています。IOCは先日31人のオリンピック出場予定選手のドーピング疑惑を発表しました。実名は公表されてませんが過去のオリンピックでドーピングが発覚してメダルを剥奪された選手はどの位いるのでしょう?まとめてみました。

 

最近の旬なところではオリンピック本大会では無いですが韓国の朴泰恒 ( パク・テファン)選手が去年のドーピング検査で陽性反応を示したとして来年3月まで出場停止になったのがNEWSになっていました。

Img247942585

彼は2008年の北京オリンピックの400m自由形で初の五輪競泳種目で金メダル獲得した選手で今回のリオデジャネイロオリンピックに出場確実視されてた選手でした。

 

一番古い例に上げられるのは1972年のミュンヘンオリンピック・競泳でリック・デモント(アメリカ)が400m自由形に出場し優勝したものの、検査でドーピングが発覚してメダル剥奪となった。これがドーピング検査による金メダル剥奪の第1号と言われている。

 

この判定にチームドクターらが「喘息治療上欠かせない薬であり、競技における不正の意図はない」と訴えたがIOCはこれを認めなかったとしている。

 

次大会の1976年のインスブルックオリンピックの70m級ジャンプで金メダルを獲得したハンス=ゲオルク・アッシェンバッハが、後日オリンピック当時ドーピングしていた事実を暴露した。

 - オリンピック