【IQ246】5話感想&視聴率!相棒の成宮が織田と初共演で緊張(笑)

   

Pocket

IQ246の5話が終わりました。今回の内容はとても見ごたえがある対決でしたね。ゲストは成宮寛貴さんでした。

 

もうドラマも5話目を迎えました。多分もう半分が終わったことになるはず・・・。とても早く感じるのは私だけでは無いはずです。

 

それでは5話の感想を書いていきます。

Sponsored Link
 

IQ246 5話感想

今回のゲストは成宮寛貴さんでした。成宮寛貴さんといえば相棒シリーズで3代目相棒を努めたことでも有名ですよね。

 

毎回誰が水谷豊と共演するのか、話題になる程の大役を見事果たされて随分彼自身の株もあがりましたよね。

 

成宮寛貴さんは幼い顔立ちなので20代だと思われがちですが実は34歳です。結構な年齢になっていますよね(笑)それだけ経験を積んだからこそ今回のオファーに繋がったと思います。

 

そして今回ついに織田裕二さんと初共演でしたね。長い芸能生活でお互い俳優という職業を選んだ2人の共演情報に公開後から楽しみで仕方ありませんでした。

 

成宮寛貴さんもインタビューで織田裕二さんと初めてあった時の様子を「夢のスターに会ったという感覚」と表現されていました。2人の年齢差から確かに判る気がしますよね。

 

織田裕二さんは成宮寛貴さんが中学生、高校生の頃(多分「踊る大捜査線」)テレビの中で活躍していたまさにスターだった訳ですから仕方がない事ですね。

 

しかしドラマでは堂々と織田裕二さん演じる沙羅駆と互角に渡り会っていました。まさに天才VS天才と番宣で言っていた展開になりました。

 

毎回豪華なゲスト出演が話題になっています。次回は誰になるのか、ファンは気になりますよね。今までは放送後に公開していたのですが何故か次回のゲストは放送前に公開となりました。

 

次回のゲストは平岳大さんです。平岳大さんと言えば大河ドラマ『真田丸』で武田勝頼役の名演で話題になったばかりです。織田裕二さんとどんな内容になるのかとても楽しみです。

iq246

 - ドラマ, モデル, 芸能