砂の塔 6話感想!弓子(松島)の目的は健一!生方(岩田)は亜紀?

      2016/11/19

Pocket

砂の塔の6話が終わりました。前回は衝撃のラストでした。まさか夫・健一(田中)と弓子が知り合いだったとは・・・!?そして弓子の目的は高野家の崩壊?!だった・・・のか?

 

まだ全てを明らかになっていない弓子の過去が今回の焦点でしたね。また息子・和樹(佐野)の闇・・・盗撮はイジメに気づかない母親・亜紀(菅野)に対するSOSだった?

 

気になる6話の感想を書いていきます。

Sponsored Link
 

砂の塔 6話感想 弓子と健一は元恋人同士だった!

弓子を見た健一は衝撃を受ける。まさか同じタワーマンションに住んでいたなんて・・・驚きを隠せない健一!元々恋人同士だった2人、ある出来事で完全に別れたはずだった。

 

次の日の朝も昨日の出来事で頭が一杯の健一は和樹の事を相談する亜紀の話が頭に入らない。それほど弓子ヤバイ女だったという事だ!

 

武文(津田)に怪しいバイトを手伝わされたり、過去の恋人が突然現れたりと散々な事ばかり起きる健一はまさか亜紀と弓子が知り合いになっているなんて・・・思いもしない。

 

弓子の策略で生方(岩田)まで登場して亜紀との不倫を疑う事になってしまう健一。弓子の目的は高野家の崩壊・・・?を疑ってしまう程、緻密に計算された計画に尚更恐怖を感じますよね。

 

そして刑事・荒俣(光石)が弓子の過去を徐々に明らかにする。

 

独自に弓子の過去を調べていた生方が弓子に気をつけるように亜紀に助言する。一連の不可解な出来事は弓子の可能性があるというが亜紀には信じられない。

 

そら(稲垣)を身を盾にして守ってくれた事。和樹の心の声に気づかない亜紀を叱って目を覚ませさてくれた事。いつも助けてくれる弓子にそんな事をする理由が見当たらないからとても信じる事が出来ないのは当然だ。

 

しかし健一と弓子のただならぬ様子を目撃した亜紀は不安を抑えきれず弓子からプレゼントされたプリザーブドフラワーに当たる。その中から盗聴器を発見した事により疑いは確信へ。

 

弓子の目的は健一(恋人)を取り戻す事・・・?家族の危機を感じた亜紀は弓子と直接対決に挑むが弓子からは意外な言葉を言われ動揺してしまう。家族崩壊の大危機に亜紀は幸せを取り戻すことは出来るのか?

 

また最大の謎である「ハーメルン事件」に弓子は関わっているのか?そして弓子の真の目的はなんなのか?それとも事件の真犯人は他にいるのでしょうか?

 

まだまだ砂の塔から目が離せそうもありませんね。次回の放送が楽しみです。

%e7%a0%82%e3%81%ae%e5%a1%94

 - CM, ドラマ, ファッション, ミュージシャン, モデル, 舞台, 芸能