砂の塔 最終回(10話)感想!生方(岩田)が犯人だと思う理由や今後は?

   

Pocket

砂の塔の最終回(10話)が終わりました。前回は”ハーメルン事件”の犯人をみたと言った和樹が事件に巻き込まれました。一体、犯人は誰なのでしょうか?

 

ネットでの犯人の予想1番人気は生方(岩田)でした。でもこれまで怪しい素振りを全く見せない生方コーチなのでやっぱり違うのかなと思っていましたが・・・・

 

そして今日このドラマの最大の謎が遂に明らかになりましたね。全く予想していなかった展開にア然としてしまいました。本当に演出が意地悪過ぎますね(笑)

 

それでは砂の塔、最終回の感想を書いていきます。

Sponsored Link
 

砂の塔 最終回(10話)感想

砂の塔は最近のドラマでは珍しい完全オリジナルストーリーの脚本でした。その為、毎週見ないと展開の速さについていけないことが度々ありましたね。

 

その訳は秘密の明かし方(演出)にありました。その秘密が常に私達が思っている認識の斜め上に行っていて毎週驚きの連続でしたね。

 

これまでの放送を思い返して見るとまずは弓子役の松島菜々子さんの演技力に注目が集まりましたね。当初からの感想は「怖い」の1点でしたね(笑)演者である松島さんにとってはその評価こそが褒め言葉だと思いますが・・・。

 

松島さんとしてはしてやったりですね。家政婦のミタでもそうですが謎の女性をやらせたら右に出る物はいませんね。今回も存在感抜群で最後までドラマの中心人物を演じきったと思います。

 

主演だった菅野美穂さんは芸能界復帰の最初の連続ドラマでしたね。緊張(プレッシャー)もあったと思いますが2人の子供を持つ母親役を見事演じていたと思います。

 

やっぱり結婚して菅野美穂さん自身が母親になった事で今回の役柄でも演技に無理が無くなったのかもしれません。母は強しですね。そしてこのドラマのテーマが「家族の絆」ですよね。

 

弓子の策略で訪れる家族崩壊の危機を「家族の愛」「家族の絆」で乗り越える度に涙していました。「こんな暖かい家族っていいな」と思わせてくれました。

 

そら役の稲垣来泉ちゃんや和樹役の佐野勇斗さんも良かったですね。後半から豹変した和樹にはびっくりしましたが最後に亜紀達家族を選んでくれた時は本当に嬉しかったですね。9割は弓子について行くと思っていましたから。

 

でも振られた弓子の報復が怖いですが・・・亜紀が和樹が居なくなった時、弓子に誘拐された思ったのは仕方がないですよね。あの女ならやりかねないと思ったはずです。

 - お役立ち, アイドル, ドラマ, ファッション, ミュージシャン, モデル, 演出, 脚本家, 芸能