逃げ恥 最終回感想&みくり(ガッキー)と平匡(星野)に感謝!乙葉さんも出演

   

Pocket

逃げるは恥だが役に立つ最終回の日が来てしまいましたね。放送後の逃げ恥ロスが今から怖いですね。でも私はこのドラマに出会えたことを感謝したいと思います。

 

毎週火曜日は「逃げるは恥だが役に立つ」を見る事が日課になっていました。この世に生まれて40年余り・・・恋をする事も面倒だと考えないようにしていました。

 

しかしこんな私にもキュンキュンする感情が残っていた事を思い出させてくれたみくり(ガッキー)と平匡(星野)さん2人に「ありがとう」を直接言いたいですね。

 

それでは逃げ恥最終回の感想です。

Sponsored Link
 

逃げ恥 最終回感想

前回は平匡さんの一世一代のプロポーズをまさかの「断固拒否」するみくりで終わりました。本当にいい感じだったのに~と私達を悔しがらせたみくりですがその真意は一体何だったの?

 

でもみくりのその考え方だと一生結婚出来ないよね・・・?だって結婚とはそういうものだから。好きならお互いが我慢するしかないんじゃないと他人が言ってもみくりは絶対に納得しないよね。

 

みくりと結婚するには結婚した上でも給料を発生するようにしたらいいのでは・・・と浅はかに考えて見たけれど、それだと平匡さんが算出した「結婚した方かお得」にはならないのかも知れませんが。

 

けど結婚すれば財布は一緒だから同じ事だと思うのですが、違うかな・・・もしかして平匡さんのプロポーズの仕方が問題だったのかも。みくりが平匡さんのプロポーズで引っ掛かったのは「結婚すれば私をタダで使える」という考えでした。

リストラでピンチな平匡さんがみくりを雇う事が出来なくなる前に結婚して「タダにしてしまおう」とみくりは考えたかも知れません。それなら「拒否」する理由になりますが。

 

平匡さんは全くそんな考えはないと思います。だって自身満々のプレゼン(プロポーズ)だったと思いますよ。まさか断られるとは、このまま2人が別れたら平匡さんのトラウマになる事は確実です。もう平匡さんは一生結婚出来ないでしょうね。

 

さてそんな2人が下した決断は・・・!出来ればムズキュンで終わって欲しいと思います。これまで通りで「逃げ恥」のラストは2人のイチャイチャタイムを見てキュン死して終わりたいですね。

 

その時は間違いなく視聴率40%は超えるでしょうね(笑)明日の朝のヤフーニュースも独占です。でも本当に最終回の視聴率は何%位になるのでしょうね。気になります。

 

最終回のタイトルは「夫婦を超えてゆけ」です。夫婦を超えた関係ってどんな事なのでしょうか?峠田Pの妄想男子ブロクに少しだけヒントがありました。

肩の荷が降りるような関係

何かラストを見終わった後に聞くと確かにその通りだと妙に納得出来る言葉ですね。

 

今まで火曜日の夜を楽しませてくれた「逃げるは恥だが役に立つ」出演者及びスタッフ方に感謝します。凄く面白いドラマでした。本当にありがとうございました。

 - お役立ち, オタク, クリスマス, デートスポット, ドラマ, ファッション, ミュージシャン, モデル, 演出, 脚本家, 芸能