【V4戦】井上尚弥VS河野公平 泥試合かKO決着…世間の予想は?波乱はあるのか

   

Pocket

12月30日に東京・有明コロシアムではWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが開催されます。井上尚弥選手と河野公平選手の日本人対決です。

 

井上選手のV4か、それとも河野選手の前WBA同級王者がベテランの上手さで世界王者に返り咲くか注目です。

Sponsored Link
 

世間は圧倒的に井上尚弥有利との前評判!

日本中で注目される一戦となるWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの日本人対決だが、世間では圧倒的に井上尚弥選手が勝つとの予想が多いです。

 

それもそのはず、井上尚弥選手は23歳と若いながらもボクシングの申し子と言われても過言ではない成績を残してきています。プロデビューからわずか6戦目で世界のベルトをもぎ取ったエリートボクサーであり、プロ入り後は負け知らずの11連勝中なのです。

 

井上尚弥選手の華麗な一撃を期待しているファンが多く井上選手の圧勝との予想があるほどです。

井上尚弥VS河野公平の世界タイトルマッチは泥試合かKO決着か!?

多くのボクシングファンが望むのは激闘からのKO決着だろう。果たして今回の世界タイトルマッチでの日本人対決はKO決着か泥試合となってしまうのか気になるところだ。

 

井上尚弥選手の愛称は“怪物”だ。その名の通り、ド派手なKOの数々を生み出してきた。まだまだ若くて実力も底知れない井上選手だけに今回もKO決着してくれる可能性が高い。

 

しかし、対戦相手の河野公平選手にはベテランの妙がある。井上選手のような派手さはないが粘り強い戦いで現在の地位にまで上り詰めてきた。

 

WBA世界スーパーフライ級の王者になったのも世界タイトルマッチ3度目の挑戦にしてようやく手に入れたものだ。まさに雑草魂が河野公平選手には宿っている。

 

今回の井上尚弥選手との戦いも最後まで諦めないだろう。そうなると意外と試合はもつれる可能性がある。KOを狙いすぎて空回りする井上選手が後半には失速して、逆にタフさがある河野選手向きの試合展開となることだって考えられるのだ。

 

そう言った意味では今回の世界戦は早い段階でのKO劇となるのか、それとも消耗戦となり判定の戦いとなるのかも注目です。

Sponsored Link
 

両者の意気込みと今後の展望

井上尚弥選手は今回の世界タイトルマッチの意気込みとして「今年は5月・9月と防衛戦をやったけど、今ひとつの内容だったのでしっかりした試合で2016年を締めくくりたい」と述べている。

 

対する河野公平選手は「世界戦10戦目。過去最高の試合をして、番狂わせを起こします」と宣言しており、両者ともにこの1戦に懸ける思いを語っている。

 

それもそのはず、井上尚弥選手は将来の展望としてWBC世界Sフライ級王者ローマン・ゴンザレス選手との対戦を熱望している。ローマン・ゴンザレス選手と対戦するためにはこんなところで躓いていられないので。

 

河野公平選手も現在36歳で今回の世界タイトルマッチで負ければ引退もちらつき始める。是が非でも今回の1戦では勝って世界王者に返り咲きたいのだ。果たしてどちらが栄光を勝ち取るのか注目です。

 - お役立ち, スポーツ, ボクシング