中田英寿 電撃FIFA入りに期待と疑問…IFABの諮問委員ってどんな仕事なの?

   

Pocket

元日本代表の中田英寿氏が国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関である国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員にアジア代表として任命されておりすでに活動していることがわかりました。

 

中田英寿氏は現役時代には世界のトップ選手のひとりに数えられており日本のサッカー界を牽引してきました。中田英寿氏がFIFAに入ることになった理由や諮問機関ではなにをやっているのかを調べたので紹介していきたいと思います。

Sponsored Link
 

中田英寿氏これまでのサッカー人生や功績は?

中田英寿氏はワールドワイドに活躍してきました。中田氏は中学3年生のときにU-15に選出されており、その後は各世代にて日本代表の中核の選手として世界相手に戦っています。

 

Jリーグではベルマーレ平塚に入団し、その後世界最高峰リーグのセリエAへ移籍しています。セリエAではペルージャやローマ、ボローニャなどで活躍しました。

 

セリエAで最も日本人が活躍したのは中田英寿氏だと言われています。また、中田英寿氏の功績と言えば“マイアミの奇跡”です。中田英寿氏はアトランタ五輪で最強の呼び声高いブラジル五輪代表に勝利したときの立役者です。

 

W杯ではフランス大会・日韓大会・ドイツ大会で出場。ドイツ大会のグループリーグ敗退を機に日本代表引退・さらには現役も引退しました。引退後は世界各国に旅をしてサッカーを通じて社会貢献活動を行っています。

 - お役立ち, サッカー男子, スポーツ, 雑学