【耳をすませば】聖司の声優が高橋一生だった事や親友・夕子の父の声は一般人?

      2017/02/05

Pocket

2017年1月27日は金曜ロードショーでジブリの名作『耳をすませば』が放送されます。ジブリの中でも高い人気を誇る『耳をすませば』だけに注目です。

 

なかでも注目はバイオリン職人を目指す天沢聖司の声優です。天沢聖司の声優は現在大ブレイク中の俳優・高橋一生さんなのです。天沢聖司の声にも注目して『耳をすませば』を鑑賞してみましょう。

Sponsored Link
 

ジブリ特集第3弾「耳をすませば」が放送!今回で何回目?

今回の『耳をすませば』の放送は金曜ロードショーの企画“3週連続 冬もジブリ”というジブリ特集の第3弾として放送されます。1月13日には『風の谷のナウシカ』、1月20日は『千と千尋の神隠し』が放送されました。

 

そして今回1月27日が『耳をすませば』です。『耳をすませば』は過去に何回も放送されているのですが、今回でなんと10回目の放送となります。初回放送は1996年10月11日視聴率18.5%を叩き出しました。

 

以降は約2年~3年おきに放送され平均視聴率は約17%ほどで高い人気を誇ります。今回の放送も高い視聴率が期待できます。

天沢聖司の声優が当時14歳の高橋一生さん!何故声優に?

『耳をすませば』で人気のキャラクターと言えば天沢聖司です。バイオリン職人を目指す天沢聖司にキュンとくる女性も多かったのではないでしょうか。

 

そんな天沢聖司の声を担当したのが高橋一生さんです。高橋一生さんと言えばドラマや映画に引っ張りだこの人気俳優だけにビックリです。実は高橋一生さんは子役としても活躍していたのです。

 

10歳のときに映画『ほしをつぐもの』で子役デビューしています。そして14歳のときに『耳をすませば』で天沢聖司の声優として出演しているのです。このときのことを高橋一生さんはNHK『スタジオパークからこんにちは』に出演した際に語っています。

 

高橋一生さんによると中学3年生のときに児童劇団から宮崎アニメの声優オーディションを勧められ。オーディションに参加して見事合格したとのことです。

 

ちなみに、天沢聖司の声優のときは声変わり前であり、収録の1週間後くらいに声がガラガラし始めて2週間後には声変わりをしていたようです。声変わりがもう少し早かったら天沢聖司役は別人になっていたかもしれませんね。

Sponsored Link
 

現在放送中の話題のドラマ「カルテット」に出演中!

高橋一生さんは現在放送中のドラマ『カルテット』に出演しています。『カルテット』ではヴィオラ奏者の役を演じています。『耳をすませば』ではバイオリン職人を目指しており、楽器つながりということで話題になっています。

 

『耳をすませば』のファンからは『カルテット』でヴィオラを高橋一生さんが演奏している様子をみて“リアル天沢聖司だ”と話題になっています。『カルテット』は現在放送中で話題なドラマなのでぜひ見てみてください。

 

高橋一生さんの素敵な演技が楽しめます。また、『耳をすませば』の声を聴いて現在の声と聴き比べてみるのもいいでしょう。

雫の親友・夕子の父の声は実はオークションだった(ネタバレ)

ここで耳をすませばのネタバレを1つ暴露します。それは主人公・雫の親友役の原田夕子の父の声は実はとんねるずの番組「ハンマープライス」で獲得した権利だった事はあまり知られていないですよね。

 

確か「耳をすませばの声優として参加出来る権」だったと思います。それを一般人の中村晴彦さんが50万円で落札しました。どのキャラの声が割り当てられるのかは当日にならないと分からないという条件でしたがジブリアニメファンにとってこんな夢のような事は無いと思います。

 

結果は雫が親友・夕子の家に帰ってきた時に一言「おかえり」という夕子のお父さんのセリフだったのですが緊張で声が震えて何回も取り直したようですね。中村晴彦さんにとっては最高の思い出と引き換えに50万円は相当安い買い物をしたのではないでしょうか?

 

実際に今日の放送で確認してみて下さいね。

 

記事を最後まで読んでくれてありがとうございました。その御礼として日本人の約97%が知らない貴重な情報を教えます!下記リンクからどうぞ!

この情報を知ることであなたの1年後の未来が劇的に変わります!←クリック

CHECK↑クリック↑CHECK↑クリック↑

 - CM, お役立ち, アニメ, ドラマ, 芸能, 雑学