【情熱大陸】三宅純 君が代のアレンジ(編曲)がリオ五輪で絶賛された理由とは?

      2017/01/29

Pocket

1月29日に『情熱大陸』にて三宅純さんの特集が放送されます。三宅純さんは作曲家でリオデジャネイロ五輪での閉会式で“君が代”のアレンジをしたことで注目となりました。

 

今回はそんな三宅純さんについて調べてみました。

Sponsored Link
 

三宅純さんの作曲家としての経歴や情熱大陸に出演する理由とは?

三宅純さんは1958年京都府生まれの鎌倉育ちです。神奈川県立光陵高等学校に在学中にトランペット奏者の日野皓正さんに会いに行くとニューヨークでジャズを学ぶことを勧められ、米国マサチューセッツ州ボストンにあるバークリー音楽大学へ進学しました。

 

大学在学中はボストンやニューヨークで音楽活動を続け1981年にはマサチューセッツ州アーティスト・ファウンデーション主催の作曲コンクール・ジャズ部門で優勝までしています。

 

1981年に三宅さんは日本に帰国し作曲家として数々のテレビCMを手掛けています。さらに、2005年からは活動拠点をフランス・パリに移し日本のみならず世界的にも有名な作曲家となったのです。

 

そして、2016年リオデジャネイロ五輪の閉会式では“君が代”を独創的なアレンジをしたことで注目されました。そんな世界的な作曲家である三宅純さんは『情熱大陸』に出演します。

 

独創的な音楽や世界観を持つ三宅純さんを垣間見ることができるでしょう。

 - お役立ち, イベント, オリンピック, 未分類, 演出, 雑学, 音楽家