小沢健二 緊急発売を決定したユニバーサルの思惑と世間のなぜの声?

      2017/04/12

Pocket

90年代に人気を博した小沢健二さんことオザケン。1998年にシングル曲を発売してから音楽活動を休止してメディアに登場することが少なくなってしまいました。

 

しかし、2月22日にシングル曲『流動体について』が緊急発売。活動休止中もアルバムの発売などはあったものの、急にシングルが発売されることには驚きです。

 

果たして緊急発売を決定したユニバーサルの思惑とはなんでしょうか。また、突然の小沢健二さんの活動復活に世間ではなぜという声もあるようです。

関連記事

小沢健二 現在は病気でハゲてるって本当?画像をググってを調べてみた!

小沢健二 流動体についてのジャケットの写真の子供は誰?

Sponsored Link
 

小沢健二さんのこれまでの経歴とプロフィールは?

小沢健二さんは1968年生まれのシンガーソングライターです。若い人は知らないかもしれませんが、1990年代にはオザケンの愛称で親しまれて人気でした。

 

小沢健二さんは1989年に大学在学中にアマチュアバンドのロリポップ・ソニックのメンバーとして活動し、プロデビューしました。プロデビュー後にフリッパーズ・ギターと改名して活動も1991年には解散しています。

 

バンド解散後はソロで音楽活動を続け、1993年にはシングル『天気読み』でデビューしました。1994年にヒップホップグループのスチャダラパーと共演したシングル『今夜はブギー・バック』が大ヒットしたことで小沢健二さんは一気に知名度がUPして有名になりました。

 

その後も多くのヒット曲を生みNHK紅白歌合戦にも出場しています。しかし、1998年にシングル曲『春にして君を想う』のリリース後から活動を休止。

 

アルバムなどを発表しているものの、2014年の『笑っていいとも!』に出演するまで16年もの間テレビ出演していませんでした。そして今年2月22日にシングル曲を緊急発売となったのです。

 - CM, お役立ち, ミュージシャン, 芸能