左腹斜筋筋挫傷になる原因や治療法は?症状や完治にかかる期間は…

      2017/03/09

Pocket

スポーツにはケガがつきものですよね。私も学生時代の体育で膝をケガした記憶があります。遊びですらケガをする可能性があるのだから、プロのスポーツではケガの危険は隣り合わせでしょう。

 

捻挫から肉離れなどから靭帯の損傷などスポーツによるケガには多くの種類があります。今回はその中でもスポーツのケガでたまにある左腹斜筋筋挫傷について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link
 

スポーツにはケガがつきもの!左腹斜筋筋挫傷とは?

スポーツをしていればケガはつきものでリスクとは隣り合わせです。そのためスポーツをする前には準備運動やストレッチが大切になってくるのです。準備運動やストレッチを怠るとケガの可能性が高くなります。

 

今回紹介する左腹斜筋筋挫傷とは簡単に言ってしまえば脇腹の肉離れに当たります。腹斜筋とは脇腹を指しており、筋挫傷とは肉離れのことです。つまり左腹斜筋筋挫傷とは左脇腹の肉離れのことになります。

 

ただの肉離れかと思われるかもしれませんが侮ってはいけません。なぜなら、左腹斜筋筋挫傷になると左の脇腹が痛くて体幹が上手に機能しません。

 

つまり軸がブレてしまうのでスポーツに悪影響を及ぼしてしまうのです。左腹斜筋筋挫傷になったら無理をしないで安静にすることが大切です。

左腹斜筋筋挫傷になる原因や治療法は?

左脇腹の肉離れである左腹斜筋筋挫傷ですが、あまり脇腹の肉離れとは聞かないでしょう。肉離れと言えば太ももやふくらはぎのイメージが多いと思います。実際に太ももやふくらはぎの肉離れに比べて左腹斜筋筋挫傷となるケースは少ないです。

 

左腹斜筋筋挫傷の原因は筋肉に過度の負担がかかることから起こされます。腹斜筋は左右に腰を捻るときに使用される筋肉です。ですから、腰を捻る動作を頻繁に行うスポーツで過度に腹斜筋を酷使することによって左腹斜筋筋挫傷となるのです。

 

治療方法としては血流を良くするのが有効となっています。血流を循環させることによって改善されるのです。また、安静が必要となります。完治するまでには無理をしないことが大切なのです。

Sponsored Link
 

左腹斜筋筋挫傷の症状や完治にかかる期間は…?

気になる左腹斜筋筋挫傷の症状ですが、左脇腹に痛みが出ます。痛みに関しては個人差があり、鈍痛のような痛みから左脇腹を動かしたときときのみ痛みが出るなどさまざまです。

 

また、スポーツの最中に強く捻ったために左腹斜筋筋挫傷となった場合は捻った瞬間に激痛が襲います。痛みを感じたときにはしっかりお医者さんに行って治療するのが必要です。

 

また、左腹斜筋筋挫傷の完治にかかる期間は症状によって異なります。しかし、基本的には1カ月~2カ月程度の期間が完治までに必要になります。

 

まだ完治していないのに無理をすると再発の恐れがあるのでお医者さんの医師に従うようにしましょう。とにかく、左腹斜筋筋挫傷となったら無理をしないで完治させるようにしてください。

 - お役立ち, スポーツ, 健康, 雑学