公道カート販売店・大阪でレンタルする時かかる費用や販売価格(中古)は?

      2017/03/09

Pocket

最近のニュースで話題になっているのがマリオカートの問題です。東京や大阪などの観光スポットでマリオカートを模した公道カートをコスプレして走っている集団がいるのですが、その公道カートを提供していた会社を任天堂が訴えたのです。

 

あまりにもマリオカートに似ているので許可がなければ訴えられても仕方がないですよね。世界観が完全に任天堂が作ったマリオの世界ですもんね。実は公道カートは大阪でも人気なのです。

 

そこで今回は公道カートを大阪でレンタル・販売情報を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link
 

マリオカートで話題の公道カートとは? 

公道カートとはマリオカートに似ている乗り物です。任天堂がマリカーを訴えたことでより有名になりました。公道カートの正式名称はX‐Kart50でミニカーとして登録されています。

 

そのため、法定速度は60キロとなっておりヘルメットの着装義務はありません。つまり、法的に公道カート自体には問題はないのです。ただ、現在問題になっているのはマリカーがあまりにも任天堂が作ってきたマリオカートに似た世界観を使用したため著作権侵害として訴えているのです。

 

だから、マリオカートに似ていない公道カートは何の問題はありません。必要なのは普通の車を乗る免許を持っていることだけです。

公道カート販売店・大阪でレンタルできる?費用は…

大阪にも公道カートを販売・レンタルしているお店があります。有名なのがO.M.G 大阪松原ゴーカートです。ここではレンタルだけでなく販売まで行っています。

 

レンタル料金は1時間2,000円2時間は3,000円と8時間までは1時間1,000円ずつ加算されます。しかし、9時間~24時間は10,000円となります。ですから、9時間を超える場合は24時間目一杯遊ぶのがおすすめです。

 

また、公道カートをレンタルする場合は保険が必要です。レンタル1回で保険料は1,000円となっています。保険の補償としては「対人無制限」「対物500万円」「搭乗者200万円」となっているようです。

 

保険があれば少しは安心して搭乗できますね。また、公道カートの台数は限りがあるとのことでレンタルは完全予約制となっています。もし大阪で公道カートに乗りたい場合が早めに予約したほうがいいでしょう。

Sponsored Link
 

公道カート販売店・大阪での販売価格(中古)は? 

公道カートはレンタルだけでなく自分で保有したい人もいることでしょう。実は公道カートはミニカー登録となり車検や車庫証明が要らないので所有しやすいです。

 

O.M.G 大阪松原ゴーカートではレンタルだけでなく販売もしています。販売価格は565,164円(税込)で輸送費は別途とのことです。他にも公道カートを売っているところがあり50万円前後が一般的なようです。意外とお安くて手が届く金額ですね。

 

また、中古の公道カートについても調べてみたのですが金額はまちまちですね。公道カートの状態や走行距離によって変わるのかもしれませんね。ぜひ公道カートを購入して乗り回してみてはどうでしょうか。

 - お役立ち, 観光, 趣味, 雑学