台湾代表の郭俊麟は西武を戦力外って本当?2016年の成績や年俸は…

      2017/03/09

Pocket

WBCがついに開幕しました。日本はキューバ戦では14安打11得点で圧勝しましたね。不安は6失点もしたことですがまずは開幕を勝利したことで安心しました。

 

プールAではイスラエルが2連勝と絶好調ですね。プールAで注目なのは台湾でしょう。台湾には西武に所属している郭俊麟選手がいますからね。郭俊麟選手はイスラエル戦で登板して2/3回を4失点と大乱調でした。

 

そんな郭俊麟選手には西武を戦力外という噂があります。そこで今回は台湾代表の郭俊麟選手の戦力外の噂や2016年の成績・年俸について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link
 

郭俊麟選手の経歴やプロフィールは?

郭俊麟選手は1992年生まれの現在25歳で台湾の新竹市出身です。国立台湾体育運動大学に進学し2010年にはAAA世界野球選手権大会に台湾代表として出場しています。

 

2011年のワールドポート・トーナメントやワールドベースボールチャレンジ国際大会などでも台湾代表として出場しており台湾代表の常連選手となりました。2014年に西武ライオンズが郭俊麟選手を獲得しています。

 

郭俊麟選手は西部入団前にプロリーグ経験はなく大学卒業後での入団なので新人王の資格も認められた。2015年は主に先発投手として出場、2016年はあまり出場機会に恵まれませんでした。

 

郭俊麟選手は身長175㎝とアスリートでは標準的ですが150㎞/ℎを超えるストレートに落差の大きいチェンジアップなどが武器のピッチャーです。

 - お笑い, スポーツ, 野球