横浜北線 渋滞緩和効果はある?新横浜から羽田空港までの所要時間は

   

Pocket

横浜北線が開通することをご存知でしょうか。2017年3月18日の16時に横浜北線が開通するのです。

 

横浜北線の正式名称は高速神奈川7号横浜北線で横羽線と多く路線の生麦JCTから第3京浜線と接続する横浜港北JCTまでの約8.2㎞となっています。

 

この横浜北線が開通することによって渋滞緩和や新横浜から羽田空港までの所要時間が短縮されるとあって期待されています。そこで今回は3月18日開通の横浜北線が開通することによる渋滞緩和の効果や新横浜から羽田空港までの所要時間について調べてみました。

Sponsored Link
 

横浜北線が3月18日に開通!渋滞緩和の効果は?

3月18日の16時から開通することになった横浜北線ですが気になるのが渋滞緩和の効果ではないでしょうか。渋滞緩和の効果がなかったらわざわざ開通させる意味がありませんからね。

 

横浜北線が開通することによって新横浜から羽田空港までの所要時間が短縮するようです。そのため横浜北線を利用する車が増えることによって、一般道での渋滞緩和の効果が期待されています。

 

実は運営している首都高速道路株式会社によると横浜北線は1日に4万台~5万4000台の通行量が見込まれているとのことで渋滞緩和の効果がありそうですね。

 

また、渋滞緩和の効果以外にも物流網が整備されて災害時の緊急輸送路としての活躍も期待されています。

新横浜~羽田空港までの所要時間は?

横浜北線が開通することによって新横浜~羽田空港までの所要時間が短縮するのですが、どれほど短縮したのか気になりますよね。新横浜駅から空港中央出入口までの所要時間は横浜北線が開通することによって30分になります。

 

開通前は40分かかっていたので10分の短縮となります。10分を侮ってはいけませんよ。羽田空港をよく利用する人にとっては10分も短縮できるのは大きいことでしょう。ちなみに、新横浜から羽田空港までの料金はETCを利用した場合は990円です。

 

基本的に今の高速道路はETCを利用すると節約になることがあるのでETCを利用するのがおすすめです。とくに高速道路をよく利用する人はETCにした方が断然にお得です。

Sponsored Link
 

横浜北線開通に伴う利用者の口コミや期待は?

今回の横浜北線が開通に伴って口コミも多く集まり、期待は高まっています。口コミ情報では基本的に横浜北線が開通することを快く思っている人が多いです。とくに神奈川在住の人は交通の便が良くなることを期待しているようです。

 

また、周辺の観光地スポットなども観光客が増えるのではとの期待があります。ただ、利用者の中には高すぎるのではないかという指摘もあります。交通料金の問題は難しいですよね。

 

しかし、その辺は高いと思う人は利用しなければいいのであって問題ないのかもしれませんね。とにかく多くの人が横浜北線の開通に対して期待しているようです。

 

期待に添えるように渋滞の緩和などの役割を果たしてほしいですね。

 - お役立ち, 雑学