横浜北線 渋滞緩和効果はある?新横浜から羽田空港までの所要時間は

   

Pocket

横浜北線が開通することをご存知でしょうか。2017年3月18日の16時に横浜北線が開通するのです。

 

横浜北線の正式名称は高速神奈川7号横浜北線で横羽線と多く路線の生麦JCTから第3京浜線と接続する横浜港北JCTまでの約8.2㎞となっています。

 

この横浜北線が開通することによって渋滞緩和や新横浜から羽田空港までの所要時間が短縮されるとあって期待されています。そこで今回は3月18日開通の横浜北線が開通することによる渋滞緩和の効果や新横浜から羽田空港までの所要時間について調べてみました。

Sponsored Link
 

横浜北線が3月18日に開通!渋滞緩和の効果は?

3月18日の16時から開通することになった横浜北線ですが気になるのが渋滞緩和の効果ではないでしょうか。渋滞緩和の効果がなかったらわざわざ開通させる意味がありませんからね。

 

横浜北線が開通することによって新横浜から羽田空港までの所要時間が短縮するようです。そのため横浜北線を利用する車が増えることによって、一般道での渋滞緩和の効果が期待されています。

 

実は運営している首都高速道路株式会社によると横浜北線は1日に4万台~5万4000台の通行量が見込まれているとのことで渋滞緩和の効果がありそうですね。

 

また、渋滞緩和の効果以外にも物流網が整備されて災害時の緊急輸送路としての活躍も期待されています。

 - お役立ち, 雑学