石嶺香織の出身や大学が気になる?偏見だらけの主張に議会が拒絶!

      2017/03/25

Pocket

日本は思想の自由が保障されておりどんな思想を持つのも自由です。しかし、明らかに偏見に満ちた思想を持っている人が公人になると大変ですよね。

 

実は宮古島の石嶺香織市議が偏見だらけの主張をしており議会が拒絶している状況なのです。そんな石嶺香織市議とはどんな人物でどんな主張をしているのか気になりますよね。

 

そこで今回は石嶺香織市議の情報や石嶺香織市議の主張を紹介したいと思います。

Sponsored Link
 

石嶺香織市議とは?wikiをチェック!

偏見だらけの主張をしているということで注目を浴びている石嶺香織市議。まずはどんな人物なのかチェックしていきましょう。

名前    石嶺香織(いしみねかおり)
生年月日  1980年(現在36歳)
出身地   福岡県    
学歴    大阪外国語大学・中退
所属    沖縄県宮古島市議会
初当選   2017年1月

引用:Wikipedia

沖縄県宮古島市の市議会議員である石嶺香織さん。意外なのがもともと宮古島に住んでいたわけではなく福岡出身ということです。2008年に石嶺香織市議は宮古島に移住しています。

 

宮古島に移住した理由は伝統宮古上布を学ぶためだと言われています。また、結婚もしており子供は3人いるとのことです。2017年1月に宮古島市議会議員に初当選したばかりでした。

 

しかし、偏見だらけの主張で問題となり立場が危うくなっています。初当選からわずか3カ月で問題になるなんて大変ですね。

石嶺香織市議の出身や大学はどこ?

福岡県出身の石嶺香織市議は筑紫女学園高等学校を卒業しています。実はこの筑紫女学園高等学校は福岡では有名なお嬢様学校です。偏差値も高いことで有名となっています。

 

石嶺香織市議は筑紫女学園高等学校を卒業してからは大阪外国語大学に進学しています。事情についてはわからないものの、石嶺香織市議は大阪外国語大学を中退しています。

 

しかし、大阪にとどまり豊能障害者労働センターというところで働いていたようです。そして2008年に宮古島に移住しています。ちなみに、宮古島では陸上自衛隊の配備に反対する会である『てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会』の代表となっています。

Sponsored Link
 

石嶺香織市議の主張とは?偏見だらけで議会が拒絶!

問題となっている石嶺香織市議の主張は自身のFacebookにて発言されました。Facebookで

海兵隊から訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる

と主張したのです。

 

さらには

宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない。米軍の海兵隊から訓練を受けた自衛隊なのだ

と投稿。

これらの主張は自衛隊員や米海兵隊への職業的差別であり偏見に満ちあふれているとして問題となっているのです。

 

思想の自由はあるがただの偏見・差別は政治家としてあるまじき行為です。また、宮古島市議会では石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数で可決しています。

 

これにより石嶺香織市議は議会から拒絶された恰好になったのですが、本人は辞職を拒否しています。実は辞職勧告には法的な拘束力がないので辞職を促すだけで強制できないのです。

 

しかし、議会から拒絶された人物がどれほどの影響力をもたらすのか疑問です。なにもできない市議会議員では税金の無駄遣いであり潔く辞職して再当選を目指すべきなのではないかと思います。

 

今後の動向に注目していきましょう。

 - お役立ち, 雑学