貞子vs伽椰子はギャグ映画?白石晃士監督の狙いは笑い!?

      2016/06/23

Pocket

映画「貞子VS伽椰子」はホラーというよりギャグ映画に近い?

貞子VS伽なこ

夏といえばホラー映画が定番ですよね。私もホラー映画は見たいけど恐がりな為なかなか映画館へ足を運ぶ機会が無いのが現状です。しかし今回紹介するホラー映画はそんな不安は一切ありません。

 

なぜならこの映画はひと味違ったホラー映画と話題になっているからです。誰もが知っている日本ホラー映画の2大作品の主要キャラ(貞子と伽椰子)が戦うストーリーです。

 

先日試写会があった様で鑑賞者からの情報になりますがほとんどの方が「これはホラー映画じゃないよね。どちらかといえばギャグ映画に近い」との感想を述べていました。

 

なぜホラー映画なのにギャグ的要素があるのか?その訳はこの映画をPRする戦略として貞子や佳那子に浸し見やすいキャラを全面に出すPR方法をとっている事があげられます。公式サイトを見れば貞子はめちゃくちゃ女子というキャラになっているし伽椰子はいいお母さんキャラですからね。(笑)もはやギャグです。

 

通常のホラー映画では雰囲気を大事にしているのでこの設定はまずあり得ないことです。恐怖の対象のキャラクターをあえて正反対の路線で魅せる。そして公開前から2人を戦わせてどちらが勝つのか煽り考察を深めさせています。これなら今までホラー映画はチョットと思っていた人も見たくなる様な戦略は上手いと思いました。

 

また今までのホラー映画の幽霊はなかなか出てこない、出てきてもチョットしか映らない、最後の方でまとめて登場するのが定番だったが今回は違います。なにせvsですからバンバン登場して戦います。

山本美月

幽霊同士の戦いって何か超能力的な事を考えがちですが基本は物理攻撃です。(笑)
その戦いに巻き込まれてしまう人間は不幸としか言いようがありませんがこの映画を撮った監督が白石晃士監督だと知って納得しましたね。

 

白石晃士監督の狙いは?注目の主演2人について

 

Sponsored Link
 

 

白石晃士監督といえば代表作に「ノロイ」というホラー映画があるのですが、どのレビューを見ても「怖いけど作りが面白い!!」「最後まで展開が読めない」「ホラーというよりギャグ映画に近い」との感想がありました。こうホラー映画を怖いだけじゃなく面白さに変えるのが上手い監督だと思います。

 

だいたいこの企画自体が「2人を戦わせたらどっちが強いのだろうか?」と何気ない会話から発展した企画らしいのです。そんな事はネット上でさんざんネタとして話題に挙がって事です。それを実際に映画にしてしまうなんて「エイリアンVSプレデター」以来です。この映画の前にも似たようなものがあったらすみません。(笑)

 

ネットでは今のところ佳那子の方に軍配が挙がっているようですが、こういったギャグ的要素を入れて今までホラー映画を敬遠していた客層にアプローチしてさらなる集客を見込む狙いがあると思います。

 

ですから映画の内容自体がホラー≒ギャグ≒笑いになっていると予想でき「幅広いジャンルのニーズにマッチしている映画」。監督の狙いはそこだと思います。しかしあくまでもホラー映画ですから油断しているとめちゃくちゃ恐かったして度肝を抜かれ無いように気をつけて下さい。(笑)

稲村亜美が彼氏をブログで紹介?神スイングの画像で分かる性格!

これまでの情報はネットで出てることなのですで、真偽の程は定かではないですが私個人の推測で語ってきましたのでそれが当たっているか?確かめるべく映画の公開日を待って見ようと思います。

山本美月の出演ドラマや映画のまとめ!主演映画はホラー?【画像】

またこの映画には2人の女優さんが主演をつとめている事も話題です。それは山本美月さんと玉城ティナさんです。二人共ホラー映画はチョット苦手という感想をお持ちの様でオファーが来た時は受けるか少し迷ったそうです。

松尾寧夏のブログで出身大学を紹介?所属するグループとは【画像】

しかし台本を読みこれなら(笑)と受ける決心をした事を明かしていました。2人共に若い世代の女優さんですからこのチャンスをしっかりとものにして欲しいものです。二人の詳しい情報は個別に記事を書いているので参考にして下さいね。

玉城ティナ

映画の公開日は6月18日です。今回の映画はホラーが苦手な私にも観れそうな内容になっていると思うので久し振りに映画館へ行ってみようかなと思います。

玉城ティナはかわいいハーフ?出演映画は苦手なホラー!【画像】

皆さんもどうでしょう。一緒に映画館で涼しくなりませんか?(笑)私の暑い日々を吹き飛ばすお勧めの映画でした。

 - 映画