貞子vs伽椰子はギャグ映画?白石晃士監督の狙いは笑い!?

      2016/06/23

Pocket

映画「貞子VS伽椰子」はホラーというよりギャグ映画に近い?

貞子VS伽なこ

夏といえばホラー映画が定番ですよね。私もホラー映画は見たいけど恐がりな為なかなか映画館へ足を運ぶ機会が無いのが現状です。しかし今回紹介するホラー映画はそんな不安は一切ありません。

 

なぜならこの映画はひと味違ったホラー映画と話題になっているからです。誰もが知っている日本ホラー映画の2大作品の主要キャラ(貞子と伽椰子)が戦うストーリーです。

 

先日試写会があった様で鑑賞者からの情報になりますがほとんどの方が「これはホラー映画じゃないよね。どちらかといえばギャグ映画に近い」との感想を述べていました。

 

なぜホラー映画なのにギャグ的要素があるのか?その訳はこの映画をPRする戦略として貞子や佳那子に浸し見やすいキャラを全面に出すPR方法をとっている事があげられます。公式サイトを見れば貞子はめちゃくちゃ女子というキャラになっているし伽椰子はいいお母さんキャラですからね。(笑)もはやギャグです。

 

通常のホラー映画では雰囲気を大事にしているのでこの設定はまずあり得ないことです。恐怖の対象のキャラクターをあえて正反対の路線で魅せる。そして公開前から2人を戦わせてどちらが勝つのか煽り考察を深めさせています。これなら今までホラー映画はチョットと思っていた人も見たくなる様な戦略は上手いと思いました。

 

また今までのホラー映画の幽霊はなかなか出てこない、出てきてもチョットしか映らない、最後の方でまとめて登場するのが定番だったが今回は違います。なにせvsですからバンバン登場して戦います。

山本美月

幽霊同士の戦いって何か超能力的な事を考えがちですが基本は物理攻撃です。(笑)
その戦いに巻き込まれてしまう人間は不幸としか言いようがありませんがこの映画を撮った監督が白石晃士監督だと知って納得しましたね。

 

 - 映画