西脇充子 魁皇の嫁・女将の過去は?北斗晶からの手紙の内容とは

   

Pocket

大相撲の大阪場所が終わりましたね。稀勢の里の優勝には感動しました。今回の優勝はきっと語り継がれることでしょうね。ところで、元大関の魁皇さんを知っているでしょうか。

 

魁皇さんと言えば現在は浅香山を名乗っており浅香山部屋の師匠となっています。そんな魁皇さんの奥さんで女将を務めているのが西脇充子さんです。

 

元女子プロレスラーの西脇充子さん。今回はそんな西脇充子さんの過去や北斗晶さんとの関係について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link
 

西脇充子さんの経歴やwkiiは?

まずは西脇充子さんのプロフィールや経歴から紹介していきましょう。

名前(リングネーム):西脇 充子(にしわき みつこ)

本名        :古賀 充子(こが みつこ)

生年月日      :1967年11月2日(現在49歳)

出身地       :岐阜県安八郡神戸町

身長        :167㎝

体重        :68㎏

デビュー      :1985年5月27日

引退        :1990年10月7日

引用:Wikipedia

西脇充子さんは元女子プロレスラーです。1985年に高崎市中央体育館にてデビューしています。また、当時は堀田祐美子さんと『ファイヤー・ジェッツ』を結成しており「闘え、ファイヤー・ジェッツ」にてレコードデビューまで果たしています。

 

さらに、北斗晶さんとは同期だったのです。1990年に女子プロレスを引退してタレントに転向しています。1995年に卵巣がんを患い、1999年に大相撲力士の魁皇さんと結婚しました。

 

そして、2014年に浅香山部屋を再興したことによって西脇充子さんは女将となったのです。

 - お役立ち, バラエティー, 大相撲, 芸能, 雑学