桂三木助と小朝の関係は?泰葉の告発・奇行や自殺に追い込んだイジメとは…

   

Pocket

泰葉さんの告発によって今は亡き4代目・桂三木助さんが話題になっている。

 

2001年に自殺によって人生の幕を閉じた桂三木助とは一体どんな人物だったのか知らない人もいるだろう。落語一家に生まれた桂三木助は次世代のホープとして期待されていた人物なのだ。しかし晩年は奇行が目立ち最終的には自殺に至るという最悪の事態に陥ったのです。

 

今回はそんな桂三木助と春風亭小朝との関係や泰葉の告発と奇行などについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link
 

桂三木助さんのwikiや経歴は?

まずは4代目・桂三木助さんのプロフィールや経歴から紹介していきましょう。

名前  :4代目・桂三木助
本名  :小林 盛夫
生年月日:1957年3月29日
没年月日:2001年1月3日
出身地 :東京都
職業  :落語家
師匠  :5代目・柳家小

引用:Wikipedia

桂三木助さんの父親は3代目・桂三木助だが3歳のときに死別しています。桂三木助さんは立教高等学校を卒業して立教大学に入学しました。

 

そして大学在学中に落語家になることを決意したとのことです。5代目・柳家小さんに弟子入りしました。前座時代は通常師匠の家で家事や掃除など付き人のようなことをするのだが三木助さんはほとんど行わなかったとのことです。

 

師匠や他の弟子も桂三木助さんを「宇宙人みたいな人だから」と放置していたんだとか。二つ目になると「落語界のシティボーイ」と評され話題になり期待される存在になりました。

 

そして真打に昇進し活躍するも徐々に奇行が目立つようになり2001年1月3日に首を吊って自殺してしまったのです。

桂三木助さんと小朝の関係は?

桂三木助さんと春風亭小朝さんの関係性について気になる人が多いのではないだろうか。そもそも2人は今後の落語界のホープとして注目されていた存在でした。

 

そして桂三木助さんと春風亭小朝さんは多くの寄席やイベントで一緒に参加しています。これは江戸落語の若手発掘や自分たちのスキルアップのために寄席やイベントを企画していたとのことです。

 

つまり桂三木助さんと春風亭小朝さんの関係とは言わば同士であり落語界を盛り上げるために手を取り合っていたのです。

Sponsored Link
 

泰葉の告発・奇行や自殺に追い込んだイジメとは…

しかし、泰葉さんの告発によると桂三木助さんを春風亭小朝がイジメていたと主張しています。そして桂三木助さんを自殺に追い込んだのは春風亭小朝のイジメが原因だと告発しています。

 

果たして本当なのか気になるところなのですが、自殺の前に桂三木助さんは奇行が目立っていたのは事実です。

 

公演の前に事故にあった際に桂三木助さんは「夜中に飼い猫の餌を飼いに行った帰りにピカッと光る物体を見たとたん、何かとぶつかって気を失った」と証言しました。

 

この発言は話題になり以降はさらに奇行が続き寄席を遅刻したり無断で欠席したりするようになったのです。そして自殺という結末を迎えたのです。

 

マネージャーも務めた実姉によるとイジメではなく父親の呪縛があったようです。桂三木助さんの父親は偉大な落語家でありプレッシャーになっていたとのことなのです。

 

泰葉さんの告発によると「(小朝のイジメは)落語界の中では周知の事実です」と主張しているのだが真相はどうなのだろうか。

 - お役立ち, 芸能, 落語家, 雑学